小説 伏線とは

発行者: 31.08.2021

過去と現在を行きつ戻りつしながら、シーンを目まぐるしく変え、スピーディーに展開されていきます。小学校時代に転校してきた女の子ヨッチや、美人なマコトの彼女リサも物語に加わり、これまでの出来事が少しずつ明らかになっていく過程は、読み応え充分。マコトとキダの狙いがなかなかわからず、読むのをやめられなくなります。 「一日あれば、世界は変わる」たびたび登場するこのセリフが心に残ります。ばらばらに登場するシーンすべてがひとつにつながり、「プロポーズ大作戦」の全容が明らかになったとき、驚愕とともに、あまりの愛の強さを目の当たりにし、切なさに圧倒されることでしょう。軽妙な語りの中にも、様々なことを考えさせられる重みがあり、一気に読ませる力のある作品です。.

どんでん返しがすごい文庫小説おすすめ26選!【日本作家編】 更新: うーん、『伏線を張れ』って言うけど、いまいち分からないわ。 伏線って何? どうやったら張れるのかしら? どうすれば実践で使えるのかも知りたいわ。.

さて、伏線を張る時に意識すべきポイントがお話できたところで、 『伏線のタブー』 についても書いていきます。 きっと、小説やマンガ、映画やドラマなどで様々な作品に触れている方なら、一度は見たことがある内容だと思います。 ここでは、 私が実際にやらかしてしまった経験をもとに お話していきます。 同じ轍を踏まないためにも、ぜひ心に留めていただきたい。. 驚きのトリックと驚愕のどんでん返しを展開させることで有名な作家、浦賀和宏によるミステリー作品『眠りの牢獄』。少ないページ数ながら、読者の意表をつく様々な仕掛けが施され、翻弄される感覚がたまらなく魅力的な作品です。 主人公の浦賀は、以前より想いを寄せていた女性、亜矢子に告白し、晴れて恋人同士となることができました。ところがその日の夜、浦賀と亜矢子は何者かによって階段から突き落とされ、意識不明となってしまうのです。浦賀は意識が回復したものの、亜矢子の昏睡状態は続き、目を覚まさないまま5年の月日が流れようとしていました。 そんなある日、浦賀は友人の北澤・吉野と共に亜矢子の兄に呼び出され、地下シェルターに閉じ込められてしまいます。外に出るための条件は1つ。この中にいる誰が亜矢子を突き落とした犯人なのか突き止めること。一方その頃外の世界では、ある1人の女性が復讐のため、完全犯罪を目論んでいました。.

まず『伏線』という言葉ですが、これは 「後で起こる出来事のために、あらかじめちょっとした形で用意しておくもの」 という意味です。 その多くは、物語を盛り上げるために使われます。 この伏線が、ミスリードを誘う形で書かれていて、『Aだと思わせていたものが実はB』という展開になると、これを『叙述トリック』と呼んだりもします。 効果的な伏線を張るためには、重要なポイントが3つあります。. 読者をミスリードへと誘い込み、あっと驚く結末が待ち受ける傑作ミステリー『ハサミ男』。どんでん返しがすごいことで有名な本作は、年に他界した推理小説家・殊能将之のデビュー作となっています。年、メフィスト賞を受賞。年には、映画化もされた小説です。 コナン 歩美ちゃん 遺体の首には、「ハサミ男」の特徴であるハサミが突き立てられていました。「ハサミ男」の手口を模倣した殺人事件の、第一発見者となってしまった「わたし」。いったい誰が模倣犯として樽宮由紀子を殺したのか。「わたし」は、真犯人を探そうと調査に乗り出します。.

強盗犯とのやりとりにはハラハラする緊迫感があり、しかもメンバーを刺したのは強盗犯ではないという展開に、一気に物語に引き込まれてしまいます。東野圭吾の巧妙なテクニックにすっかり騙されてしまい、予想をはるかに超えるどんでん返しに、清々しささえ感じることでしょう。 ページ以下の短い作品ですが、いたるところに伏線が張られる、とても濃い内容になっています。一切無駄がない巧みな文章はとても読みやすく、誰でも気軽に楽しむことができる作品です。感の鋭い方は、謎解きに挑戦してみるのも面白いかもしれません。. 十角形の奇妙な館が建つ孤島・角島を大学ミステリ研の7人が訪れた。館を建てた建築家・中村青司は、半年前に炎上した青屋敷で焼死したという。やがて学生たちを襲う連続殺人。ミステリ史上最大級の、驚愕の結末が読者を待ち受ける! 1987年の刊行以来、多くの読者に衝撃を与え続けた名作が新装改訂版で登場。(講談社文庫).

本作の特徴は、なんといっても主人公は目が見えないというハンデを背負っているということです。それも前までは視力があったのに失明してしまったという、生活にもまだ慣れない状況。視覚的な情報が入らない分、触覚や嗅覚などその他の感覚が細かく描かれる、独特の臨場感があります。見えない状況で起こる出来事がさらに謎を引き立たせます。 途中、主人公が手にする点字で記された暗号めいた文章など推理小説好きにはたまらないのではないでしょうか。 盲目の主人公による珍しいタイプの推理小説。中国の残留孤児問題、孫の病気など少し重ための舞台設定がさらにスリルを感じさせます。今後が楽しみな下村敦史のデビュー作を是非一度ご覧ください。.

23. 2 2 230……. ABJ .

本を探す 書籍 書籍トップ 書籍一覧 ビジネス書・政治・経済 小説一般 推理・ミステリー小説 歴史・戦記・時代小説 ライトノベル コンピュータ・IT ホラー・怪奇小説 SF・ファンタジー小説 アクション・ハードボイルド小説 経済・社会小説 エッセイ ノンフィクション 恋愛小説 ハーレクイン小説 英語・語学 教育・教養 辞書 旅行・アウトドア・スポーツ 料理・生活 趣味・雑学・エンタメ 詩歌・戯曲 絵本・児童書 マルチメディア 写真集 ボーイズラブ アダルト コミック コミックトップ コミック一覧 少年コミック 青年コミック 少女コミック 女性コミック ハーレクインコミック BLコミック TLコミック 成人コミック 雑誌 雑誌トップ 雑誌一覧 ビジネス・政治経済 総合週刊誌・月刊誌 モノ・トレンド 男性誌 女性誌 自動車・乗り物 コンピュータ・サイエンス スポーツ・アウトドア エンターテイメント・グラビア 暮らし・食・教育 趣味・芸術・旅行 コミック雑誌 NHKテキスト[語学] NHKテキスト[一般] 有料メルマガ 無料コンテンツ/カタログ 新聞 日本経済新聞 電子版 オプション検索 著者別 出版社別 詳細検索 サイトの使い方 サービス情報トップ ご利用案内・サポート ビューアアプリのダウンロード お問い合わせ ページTOPへ戻る. 最初はうまくいっていなかった女性警部補とのコンビが、どんどん噛み合い出していく過程も読み応え十分です。 最後の最後に用意されたどんでん返しは秀逸!たった一言でそれまでの世界が一変してしまい、じわじわと後を引く驚愕のラストになっています。. まず『伏線』という言葉ですが、これは 「後で起こる出来事のために、あらかじめちょっとした形で用意しておくもの」 という意味です。 その多くは、物語を盛り上げるために使われます。 この伏線が、ミスリードを誘う形で書かれていて、『Aだと思わせていたものが実はB』という展開になると、これを『叙述トリック』と呼んだりもします。 効果的な伏線を張るためには、重要なポイントが3つあります。.

どんでん返し小説の定番!巧妙なトリックに騙される『ハサミ男』

身の上話 著者:佐藤正午 出版社:光文社 価格: ¥ (税込). 伏線は基本的に、 『後で起こる出来事を盛り上げたい時』 に使います。 謎が解決するとか、感情が昂ぶるとか、新しい展開が生まれるとか、そういった瞬間にピンポイントで重ねてあげることで、効果が激増します。 逆に言うと、特にここぞという場面でない時に使っても……悪くはないのですが、効果はそこまで出ません。 なぜかと言うと、 「ああ、あれか!」「そうだったんだ!」という驚きが、集中力を高めるから です。 どうでもいい時に伏線を使っても、「へえ……」くらいで流されてしまう事が多いです。 物語のクライマックスに集中して、いくつもの伏線を前半から仕込んでおくというのが、わりとポピュラーな使い方です。 いまいち使い方が分からない方のために、実例を書いておきます。 たとえば、とある俳優のオーディションに受かりたい役者のタマゴが、精一杯オーディションで演技を披露したけれど、落選してしまった時のことを考えてみてください。 少なからず、落胆があると思います。 ところがこの時、手前で 地方に住んでいる親から「このオーディションに受からなかったら、実家に帰って来なさい」と言われていたら どうでしょう。 どうしても受かりたいという役者さんの気持ちは、何もない時よりも強く昂りますよね。 こんな感じで、求めている場所に対して効果的な伏線を、前もって用意しておくのが重要です。.

ラバー・ソウル 著者:井上夢人 出版社:講談社 アイギス 交流クエスト ソシエ ¥1, (税込). まず『伏線』という言葉ですが、これは 「後で起こる出来事のために、あらかじめちょっとした形で用意しておくもの」 という意味です。 その多くは、物語を盛り上げるために使われます。 この伏線が、ミスリードを誘う形で書かれていて、『Aだと思わせていたものが実はB』という展開になると、これを『叙述トリック』と呼んだりもします。 効果的な伏線を張るためには、重要なポイントが3つあります。.

マリオネットの罠 著者:赤川次郎 出版社:文藝春秋 価格: ¥ (税込). 取りおき カート.

Twitter Share Pocket Hatena LINE. ABJ .

どんでん返しを味わえる小説6選

驚きのトリックと驚愕のどんでん返しを展開させることで有名な作家、浦賀和宏によるミステリー作品『眠りの牢獄』。少ないページ数ながら、読者の意表をつく様々な仕掛けが施され、翻弄される感覚がたまらなく魅力的な作品です。 主人公の浦賀は、以前より想いを寄せていた女性、亜矢子に告白し、晴れて恋人同士となることができました。ところがその日の夜、浦賀と亜矢子は何者かによって階段から突き落とされ、意識不明となってしまうのです。浦賀は意識が回復したものの、亜矢子の昏睡状態は続き、目を覚まさないまま5年の月日が流れようとしていました。 そんなある日、浦賀は友人の北澤・吉野と共に亜矢子の兄に呼び出され、地下シェルターに閉じ込められてしまいます。外に出るための条件は1つ。この中にいる誰が亜矢子を突き落とした犯人なのか突き止めること。一方その頃外の世界では、ある1人の女性が復讐のため、完全犯罪を目論んでいました。.

十角館の殺人〈新装改訂版〉 著者:綾辻行人 出版社:講談社 価格: ¥ (税込). パレード 著者:吉田修一 出版社:幻冬舎 価格: ¥ (税込). 牢獄と化したシェルター内で起こる出来事と、泥沼の復讐劇。まったく接点のないように見える、この2つの視点からストーリーは進んでいきます。1つの線となって繋がる瞬間には大きな興奮を味わうことでしょう。そしてここから、物語は突如様相を変え、怒涛の急展開を見せるのです。 最後の最後に明かされる、本作最大のトリックには驚愕するばかり。思わず「やられた!」と天を仰ぐこと必至のどんでん返しが用意されています。設定がシンプルでわかりやすく、短いなかで濃密にまとめられているため、本を読み慣れていない方でも十分に楽しめる作品になっています。.

……. ……21 2……. 23 113 …… OK!

小説家になるための総合情報サイト

猟奇的な行為を繰り返し、何人もの女性を殺害してきた男・蒲生稔が逮捕されました。警察を呼んだのは、事件を独自に調査してきた元警部の樋口。現場には、自分の息子が殺人犯なのではないか、と疑い続けてきた蒲生雅子の姿もあります。 憔悴する樋口、泣き崩れる雅子、そしてただひとり、犯人の稔だけが平然としている異常な状況。いったいこれまでに何があったのか。物語は過去へと遡り、殺人鬼・蒲生稔が起こした残虐な殺人事件の数々が、克明に綴られていくことになります。 作品内で描かれる、あまりにも細かいリアルな殺害描写に、衝撃を受ける方も多いのではないでしょうか。しばらく頭から離れなくなるほど鮮明に描かれているため、苦手な方は注意が必要かもしれません。終盤は、手に汗握る緊張の連続。スピード感あふれる怒涛の展開に、読む手が止まらなくなってしまいます。 残酷な描写を読むのはつらいですが、作者が物語の中に仕掛ける緻密なトリックは一級品。真実を知ったとき、そのあまりの鮮やかさと、訪れる衝撃に、呆然としてしまうことでしょう。これまで読んできた物語が、まったく違う別の物語へと変わってしまう感覚に、言葉を失います。歪んだ愛がもたらす壮絶な結末。ぜひその目で確かめていただければと思います。.

この作品はなんといっても登場人物が魅力的です。まず殺人を繰り返す雅子は、とても非人情で、何のためらいもなく人をあやめます。自分に好意を持たせて手にかける、悪女の中の悪女です。雅子の恐ろしさは、読んでいると自分の背後が気になるほど。あまりにも恐ろしいのがかえって私たちを魅了します。そんな雅子とは裏腹に、修一の婚約者美奈子は、とても健気で真っ直ぐで応援したくなるような存在です。それを支える警部の遠藤、上西の存在が安心感を与えてくれます。 各章ごと短編のようにガラッと雰囲気が変わるのも面白いところ。第1章で雅子の殺人が始まり、第2章では連続殺人の描写と警察の捜査、第3章では美奈子が敵陣で潜入捜査を行い、第4章で修一と美奈子の結婚式の模様が描かれます。最後まで、謎を残したまま物語は進んでいきクライマックスで一気に謎が暴かれます。中でも第4章では区切りごとに時刻が表示され緊張感が高まるはずです。劇的な展開でページをめくる手が止まらなくなるのではないでしょうか。 ラストであっと驚かされるどんでん返しが待っています。読んでいる最中はドキドキがとまらず、心臓をもてあそばれることでしょう。ぜひご一読ください。.

どんでん返し小説の定番!巧妙なトリックに騙される『ハサミ男』 読者をミスリードへと誘い込み、あっと驚く結末が待ち受ける傑作ミステリー『ハサミ男』。どんでん返しがすごいことで有名な本作は、年に他界した推理小説家・殊能将之のデビュー作となっています。年、メフィスト賞を受賞。年には、映画化もされた小説です。 主人公の「ハサミ男」こと「わたし」は、美しい女子高生を狙い、殺害した後にハサミを首に突き立てるという、残忍な殺人鬼です。すでに被害者は2人。「わたし」は3人目のターゲットとして、頭脳明晰な美少女・樽宮由紀子を選び、殺害のチャンスを狙っていました。ところが、樽宮由紀子を待ち伏せていた「わたし」は、何者かによって殺害された彼女の遺体を発見してしまうのです。 遺体の首には、「ハサミ男」の特徴であるハサミが突き立てられていました。「ハサミ男」の手口を模倣した殺人事件の、第一発見者となってしまった「わたし」。いったい誰が模倣犯として樽宮由紀子を殺したのか。「わたし」は、真犯人を探そうと調査に乗り出します。 ハサミ男 講談社文庫.

SF作家としても知られる、巨匠・筒井康隆による本格メタ・ミステリー『ロートレック荘事件』。年に発表され、叙述トリックの先駆けとも言われている本作は、大掛かりな仕掛けが随所に施された、傑作中編小説です。 「おれ」と重樹が8歳の時の夏、別荘での事故により、重樹は下半身に障害を抱えてしまいます。その別荘は、父の知り合いの実業家・木内文麿に買い取られ、「ロートレック荘」と呼ばれていました。木内はフランスの画家、アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックの絵をコレクションしており、別荘には作品がいくつも飾られているのです。 夏の終わり、重樹はロートレック荘に向かう車に揺られています。別荘には他にも、将来有望株の青年たちや3人の美女が、華やかなバカンスを楽しもうと集まっていました。ですがその矢先、銃声が鳴り響き、1人の美女が遺体となって発見され……。.

12344. 11 ? Twitter Share Pocket Hatena LINE.

書店員が選ぶ大どんでん返しでラストの衝撃がすごい!おすすめ小説

長編ミステリー小説『ダレカガナカニイル…』は、井上夢人のソロデビュー作品です。岡嶋二人のペンネームでコンビを組み、年代、共作ミステリー小説で人気を博していた著者が、コンビを解消して再デビューをしたことで話題になりました。 警備会社に勤務する西岡は、勤務中に興味本位でおこなった盗聴が見つかり、田舎町へと異動になってしまいます。新たに警備に就くことになったのは、近隣住民とのトラブルが絶えない新興宗教団体「解放の家」。ところが着任して早々、「解放の家」の修行道場で火災が発生し、焼け跡から教祖の吉野桃紅が遺体となって発見されたのです。 その日から、西岡は頭の中に話しかけてくる不思議な「声」を聞くようになりました。「声」は西岡に執拗に話しかけ「自分は死んだ吉野桃紅なのでは」と言い出します。精神科医に相談するも状況は好転せず、西岡は悩みながらも次第に声を受け入れるようになっていくのです。.

数々の文学賞を受賞する逢坂剛によって描かれた『燃える地の果てに』は、年、スペイン南部の上空で起こった、米軍機墜落事故を下敷きに描かれた、著者渾身の極上ミステリーです。 日本人ギタリスト古城は、伝説のギター職人にギターを製作してもらうべく、スペインの小さな村パロマレスにやってきました。職人ディエゴのギターが出来上がるまで、この村に滞在することを決めた古城。「ホセリート」という愛称で呼ばれ、村の人々にも徐々に受け入れられてきました。 ところがそんなある日の晩、村の上空で空中給油をしていた米軍の戦闘機が、接触事故を起こし墜落。戦闘機には表沙汰にしていない4発の核爆弾が搭載されており、その秘密を巡って各国が慌ただしく動き出します。こうして村では、住人や古城を巻き込みながら、緊迫のスパイ戦が勃発することになるのです。. 普通の恋愛小説かと思いきや、ラスト2行であれっ? ページを戻して2回、3回と読み返し、トリックに気付いたときゾクゾクする『イニシエーション・ラブ』。 証言はどこまで真実か。事件の真相がわかったときあなたはもう1度読み返している『白ゆき姫殺人事件』。 など見事な伏線回収ですっかり騙される名作を集めました。.

877 A2……. 11 .

有用? リポストしてください!

評価:7

最新ニュース