日本刀波紋種類

発行者: 09.09.2021

丁子乱(ちょうじみだれ)の焼刃から刃先に向かって、足状に差し込む働き。 長く伸びている状態を「 足長丁子 」(あしながちょうじ)、鋒/切先の方向に傾斜して伸びている状態は「逆丁子」(さかちょうじ)と呼ばれています。. 日本刀の無銘極めというのはどこまで厳密にわかるのでしょうか? 流派極めだけでなく個名極めまでされているものもあります。重要文化財等にも無銘極めはたくさんありますが、それらも実際の刀工とは違う可能性も結構ありますか?.

刀剣写真・日本刀画像 日本刀の拵写真/ 画像 鍔写真/ 画像 鎺(ハバキ)写真/画像 目貫・小柄・笄・縁頭写真/ 画像. 日本刀の基礎・基本学習 日本刀の棟とは. 刀 無銘 吉岡一文字 銘 -. 天皇家は、朝鮮人の家系なのは有名な説です。 その証拠はありますか? 伝承は、高浜原(朝鮮)から来たと伝えています。 真に讃えられるのは、その朝鮮人を倒そうとした将門公です。 そのとおりでしょうか?. 時代 伝法 鎌倉時代末期~江戸時代 相州伝 ・備前伝・美濃伝・ 大和伝 代表刀工・流派 大湾れ 小湾れ 相模国: 相州貞宗 (さだむね) ゴンさん 相州行光 (ゆきみつ) 山城国: 堀川国広 (ほりかわくにひろ) 摂津国: 来国長(らいくになが). まず、 反り については、古いものは刀身の中心よりも手元に近いところに反りの中心がある腰反り(こしぞり)と呼ばれるものが一般的でした。とくに、平安時代後期のものは 元(はばきもと) 付近でかなり強く屈曲する一方、鋒近くでは反りがほぼなくなるという、いわゆる「うつむく」形状のものが多く残されています。同時に、刀身の幅(身幅・みはば)は手元の 元幅 に対して 先端部の先幅 が細い、いわゆる「踏ん張りのある」姿で、鋒も小さめの 小鋒(こぎっさき) で、優美な印象をうけるものが一般的でした。.

これを「 鍛錬 」(たんれん)と言い、硬くきれいな「 皮鉄 」(かわがね)は15回、やわらかい「 心鉄 」(しんがね)は7~10回繰り返すのです。. 力強く、優美。ときには畏敬の念さえ抱かせる日本刀。その魅力は数え上げれば切りがありません。なかでも、刀身の刃に沿って天の川のように白く輝く「刃文」(はもん)は、最も目を惹く魅力のひとつではないでしょうか。 日本刀の刃文はどのように生み出され、どんな種類があるのか、また美しく輝く秘密について迫っていきます。.
  • 刀剣写真・日本刀画像 日本刀の拵写真/ 画像 鍔写真/ 画像 鎺(ハバキ)写真/画像 目貫・小柄・笄・縁頭写真/ 画像.
  • まとめ 今回は刀剣の部位のひとつである棟について、その意味と種類、またドラマなどでよく知られている峰打ちについて説明しました。刀剣は鎬の高さ、身幅、棟の形、重ねの厚さのバランスが見た目の良さだけでなく、実用性にも影響を与えているのです。 棟の形や身幅と重ねの関係性にも着目してみると、どの時代の物なのかという推測もできるようになるので、そのあたりもポイントとして鑑賞してみましょう。.

「あなたみたいな人でも結婚できるんだね」と言われたら、あなたは何と言い返しますか?

文字サイズ 小 中 大. 外国人で日本語が不得意なのであらかじめ謝ります。 今ジョジョの奇妙な冒険を読んでいるんですが中に出てくる波紋について分からないところがいくつかあります。まず気になるところを引用させていただきます。 ツェペ リ「その対抗手段が波紋エネルギー!でもなぜ波紋が!?わたしの父は日光に気化した!わたしは推理した!なぜ日光にと!何年も何十年もその答えを探しつづけた!石仮面の骨針は脳から未知な 鋒(切先)とは 刀剣は、全体を眺めていても非常に美しいのですが、細部の造り込みにも刀匠のこだわりを感じ取れます。刀剣の各部名称をしっかり覚えておくと、刀剣鑑賞をする際にとても役立つことでしょう。刀身の先端部分である「鋒/切先」は、刀身の中でも最も美しい部分だと評価されます。鋒/切先の構造や、現存する刀剣の鋒/切先の種類、そして時代ごとの移り変わりについて、詳しくご紹介します。.

つぎに、刀身本体を構成している地鉄をみていきましょう。地鉄の部分をじっくり観察すると、細かな文様がみえてきます。縦方向へまっすぐに目の通った 柾目(まさめ)肌 とよばれるもの、木の年輪が流れたようにみえる 板目(いため)肌 、板目肌よりさらに節が丸く目立ってみえる 杢目(もくめ)肌 といったものが代表的なものですが、中には交互に波打つように規則的に文様が繰り返される 綾杉(あやすぎ)肌 と呼ばれるものなどもあります。. JAPAN ヘルプ.

  • 相模国: 相州行光 (ゆきみつ).
  • 刃文と地鉄には様々な変化が現れることがあり、これを「働き」と言います。 粒子が粗く星のように光って観えるのが「 沸 」(にえ)で、白く霞(かすみ)がかかったように観えるのは「匂」(におい)です。沸が多く現れている刃文は「 沸出来 」(にえでき)、匂が多ければ「匂出来」(においでき)と表現します。 また、刃文の縁から刃先へ向かって線状に伸びた働きが「足」です。文字通り足が入ったように観え、「長い足」と短い「小足」があります。足の先が鋒/切先の方を向いている場合は「逆足」(さかあし)です。 足のように伸びているのではなく、刃文の中に木の葉を散らしたように現れていれば、「葉」(よう)となります。 その他の働きとしては、直刃の縁がほつれて喰い違っているように観える「喰違刃」(くいちがいば)や、刃文の一部が三日月状となり、地鉄の中に浮かんで観える「打ちのけ」が代表的です。 打ちのけは二重、三重に現れることもあり、名刀として名高い「三条宗近」(さんじょうむねちか)作の「 三日月宗近 」は、三日月形の打ちのけが観えることから名付けられました。 また、刃縁が折り重なっているのは「二重刃」(にじゅうば)で、地肌側の刃文が破線状に途切れている種類も少なくありません。. 刀身 に見られる白い波のような模様ですが、日本刀を光線にかざすことによって鑑賞することができます。.

よく読まれている記事

また、刃文と平地の境界線を「 匂口 」(においぐち)と言い、匂のみならず、ひいては刃文全体の良し悪しを決めるポイントになっています。. 名古屋刀剣博物館 名古屋刀剣ワールド. 沸と匂の違いは? 刃文の中の沸と匂を見分けるには、それぞれの粒子の大きさが決め手なのです。もともと同じ性質の物であり、沸は比較的粒子が粗く肉眼でも確認できます。 しかし、匂は光に透かして見ると白いもやがかかったような形状の微粒子であり、肉眼で確認することは容易ではありません。 沸と匂.

沸は粒子の大きさが様々あり、大きい順に「荒沸」(あらにえ)・「中沸」(ちゅうにえ)・「 小沸 」(こにえ)に分別。. 重ねの厚さと身幅の差について 「 身幅 」とは、一般的に棟から刃先までの幅のこと。ただし、この幅の基準には複数の説があり、主に研究者や鑑定者などが基準としている「身幅には棟を含まない」という場合と、実際に刀剣を制作する方の観点から「身幅には棟を含む」場合があります。 これは、身幅に棟を含めておかなければ、鞘に収まらない物を作ってしまう危険があるという実用的な理由によるものです。 大和伝系の刀剣は、鎬が高いだけでなく身幅も広く、相州伝系や 備前伝 系は比較的鎬が低く身幅が広い物が多いという特色。 そして、 柄 の身幅と重ねのことをそれぞれ「元幅」(もとはば)、「元重ね」(もとかさね)と呼び、同じように先端部分の身幅と重ねを「先幅」(さきはば)、「先重ね」(さきかさね)と呼んでいます。重ねはもとのほうでおよそ7mm、先のほうでおよそ5mmが一般的です。 「重ね」の厚さ「身幅」の差.

時代 江戸時代初期 代表刀工・流派 摂津国: 津田助広 (つだすけひろ)のオリジナル。 近江守助直 (おうみのかみすけなお)、 一竿子忠綱(いっかんしただつな). 沸と匂の違いは? 刃文の中の沸と匂を見分けるには、それぞれの粒子の大きさが決め手なのです。もともと同じ性質の物であり、沸は比較的粒子が粗く肉眼でも確認できます。 しかし、匂は光に透かして見ると白いもやがかかったような形状の微粒子であり、肉眼で確認することは容易ではありません。 沸と匂.

断面が半円の形状をした棟で、別名は「草(そう)の棟」。 九州や北陸の刀剣によく見られます。 用語集を見る. 刃文において、「焼きの頭」(やきのかしら)とは刃文の頂点である棟(むね:刃の反対側)寄りの部分を指し、「焼きの谷」(やきのたに)とは刃文の底点である刃寄りの部分を、「 腰 」(こし)とは頭から谷への傾斜のこと。. 日本刀の刀身彫刻・鑢目・疵・疲れ 「日本刀」には様々な見所があります。それは、刀工によって細部までこだわりぬかれた結果です。ここでは、日本刀鑑賞における細かなポイント(刀身彫刻・鑢目・疵・疲れ)についてご紹介します。. 鋒(切先)とは 刀剣は、全体を眺めていても非常に美しいのですが、細部の造り込みにも刀匠のこだわりを感じ取れます。刀剣の各部名称をしっかり覚えておくと、刀剣鑑賞をする際にとても役立つことでしょう。刀身の先端部分である「鋒/切先」は、刀身の中でも最も美しい部分だと評価されます。鋒/切先の構造や、現存する刀剣の鋒/切先の種類、そして時代ごとの移り変わりについて、詳しくご紹介します。.

有用? リポストしてください!

評価:5

最新ニュース